/

豚コレラ対策でワクチン空中散布 感染イノシシに対応

江藤拓農相は26日の閣議後記者会見で、豚コレラ(CSF)の感染源とされる野生イノシシ対策で、ワクチンを空中散布する実証実験をすると発表した。28日に群馬県内で自衛隊のヘリコプターを使い、空からエサに混ぜたワクチンを散布する。江藤農相は「山が急峻(きゅうしゅん)なところでも散布が可能になる」と話した。

豚コレラのウイルスにかかった野生イノシシ対策では、エサに混ぜたワクチンを山岳地帯に散布して病気のまん延防止を進めているが、十分な効果は出ていない。イノシシの生息域には人が入りにくい山岳地帯があり、ワクチン入りのエサをまきにくい地域があるという。

農林水産省は防衛省と連携し、群馬県畜産試験場内にある牧場で空中散布の実証実験を実施する。試験ではヘリの高度や速度の違いで経口ワクチンの散布状況がどう変わるかなどを検証する。江藤農相は「12月以降には本格的な散布を実施したい」と述べ、感染イノシシの広がりを食い止めるための対策を進めていく考えを強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン