昭和電工、退路断つ大型買収 日立化成の優先交渉権

2019/11/26 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総合化学メーカーでは中堅の昭和電工が大型買収に打って出る。日立製作所のグループ子会社である日立化成の買収を巡り、本格的な交渉に入る。日立化成の売却額は昭和電工の時価総額の2倍以上になる見込みで、「小が大をのむ」買収となる。あえて巨額の買収に挑む背景には、日立化成が強みを持つ電子材料を成長のけん引役とし、グローバル競争で勝ち抜ける化学メーカーに脱皮したいとの狙いがある。

昭和電工株の25日の終値は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]