NYダウ、一時142ドル高 中国の知財保護強化を好感

北米
2019/11/26 5:22
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=横内理恵】25日の米株式相場は続伸している。15時現在、ダウ工業株30種平均は前週末比142ドル52セント高の2万8018ドル14セント(速報値)で推移している。中国政府が米中貿易協議の焦点である知的財産権の保護を強化すると伝わった。中国の譲歩で米中貿易協議が進展するとの期待が高まった。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)=AP

米メディアが「中国が知的財産権の侵害に対する罰則を強化し、処罰を適用するハードルを下げると発表した」と報じた。国家安全保障担当のオブライエン米大統領補佐官が週末、年内の米中合意が「まだ可能」と述べたと伝わったことも市場の期待につながった。

「中国関連銘柄」とされるアップルや建機のキャタピラーが上昇。知財問題で米中が合意すれば、中国企業との取引拡大が見込める半導体関連株が総じて高い。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続伸。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数と併せ、過去最高値を上回って推移している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]