/

この記事は会員限定です

富裕層誘うホテル、京都に続々 観光公害の抑制課題

京都経済の今

[有料会員限定]

2020年東京五輪を前に、京都で最高級ホテルが続々開業する。欧米富裕層に支持の厚い外資系高級ホテル大手が次々京都に拠点を開設する一方、国内勢も新ホテルを計画するなど、事業者の競争が激化しそうだ。

米ハイアットホテルズコーポレーションは10月末、観光地の集中する東山に「パークハイアット京都」を開業した。清水寺や高台寺にほど近い老舗料亭「京大和」の敷地内にホテルを新築し、京都らしい歴史や文化体験を求め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3354文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン