山形・飯豊町、次世代電池の産業集積 専門職大学誘致

2019/11/25 19:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形県飯豊町は電気自動車(EV)などに使われる次世代電池産業の集積を図る。既設の山形大学xEV飯豊研究センターに続き、このほどリチウムイオン電池部品を作る貸工場の建設に着手。町の補助を受け仙台市の学校法人はEV関連の専門職大学設立を目指す。町は居住者向けに2カ所の住宅団地の分譲も始め、新たな産業集積により地域振興につなげる。

飯豊町は山形大、山形銀行と協定を結び、撤退した工場跡地に2016年に同…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]