カワチ薬品、再浮上を模索 大量出店と一線
北関東フォーカス

2019/11/25 19:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医薬品から食品・日用品までそろえた超大型店「メガ・ドラッグストア」で一時代を築いた北関東地盤のカワチ薬品が再浮上のきっかけを模索している。大量出店と一線を画し、広大な駐車場へのテナント誘致や調剤薬局の併設などを進めてきた。他社の出店攻勢は激しさを増し、九州の雄、コスモス薬品の北関東進出も迫る中、牙城を守る戦略が問われている。

ドラッグ大手は年100店前後の大量出店と採算の悪化した店舗の閉店を組み…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]