肥後銀行、日本経営品質賞を受賞 銀行で初

2019/11/25 19:40
保存
共有
印刷
その他

肥後銀行は25日、2019年度の「日本経営品質賞」を受賞したと発表した。同賞は1995年に日本生産性本部が創設。顧客の視点から経営を見直し、社会との調和や社員重視の運営などを通じて新たな価値を生み出す企業・組織に授賞している。金融機関では2001年に第一生命が受賞したが、銀行では初めて。

日本経営品質賞の受賞を発表する肥後銀行の笠原頭取(25日、熊本市)

同行は18年4月から3年間の中期経営計画で、同賞受賞を目標に掲げ、地域の課題解決支援や収益の多角化、組織運営力などを強化。18年10月にサステナビリティ推進室を設けるなど持続可能な開発目標(SDGs)活動にも積極的に取り組んでいる。

記者会見した笠原慶久頭取は「長引くマイナス金利など厳しい経営環境にあるからこそ、地域特有の課題解決を支援する地銀の力が発揮される時代だ。受賞を通じ、これからも地域に高く評価される銀行を目指したい」と話した。

表彰式は20年2月20日に都内で開かれる。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]