インフル新薬の耐性ウイルス、感染能力変わらぬまま

2019/11/26 1:00
保存
共有
印刷
その他

塩野義製薬の「ゾフルーザ」は錠剤を1回飲むだけという手軽さで抗インフルエンザ薬市場を大きく変えた

塩野義製薬の「ゾフルーザ」は錠剤を1回飲むだけという手軽さで抗インフルエンザ薬市場を大きく変えた

東京大学の今井正樹准教授と河岡義裕教授らは、インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」が効きにくくなるように遺伝子が変異したウイルスを調べ、病原性や感染能力が通常と同じであることを明らかにした。通常と同じように十分な感染力があるため注意が必要だという。

成果は25日付の英科学誌「ネイチャーマイクロバイオロジー」(電子版)に掲載した。

国立感染症研究所などと共同で研究した。2018年冬から19年春にかけて集めたインフルエンザ患者の鼻などから採取した検体を使った。薬を使用した患者から変異したウイルスを取り出し、動物に感染させる実験をした。

フェレットの間で感染が広がる様子を調べると、広がる効率は通常のウイルスと同程度だった。ハムスターを使った実験では体重の変化から病状を比べると、通常時と同程度の症状の重さを示した。

19年春にはゾフルーザを服用していない患者から変異したウイルスが数例見つかった。今回の研究結果は今後もこうした事例が起きうることを示している。河岡教授は「変異株が人から人にうつる可能性を考慮した上で適切な使い方をする必要がある」と話す。

【関連記事】
インフル薬「ゾフルーザ」、12歳未満は使用慎重に
ゾフルーザ使用基準策定へ 耐性問題で感染症学会
耐性ウイルス発見のインフル薬 「通常」での使用避けて
インフルエンザ薬 医療費で賄いすぎでは?
インフル流行期入り 対策まとめ読み

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]