/

国産牛肉の中国輸出再開へ署名 日中外相が会談

茂木敏充外相は25日、都内の飯倉公館で中国の王毅(ワン・イー)外相と会談した。日中両政府は会談に先立ち、日本産牛肉の対中輸出再開の前提となる動物衛生・検疫分野の協定に署名した。茂木氏は会談後の共同記者発表で「中国の皆さんに日本が誇るおいしい農産物を堪能してもらえることを期待している」と語った。

協定は両国で疫病が発生した際に互いに情報提供すると定める。横井裕駐中国大使と孔鉉佑駐日大使が署名した。

中国は2001年から日本でのBSE(牛海綿状脳症)発生に伴い輸入を禁止してきた。両政府は今後、安全基準などの詳細を詰める。

会談では来春に予定する習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓来日に向けて協力を進めることも確認した。

茂木氏は両国間の懸案にも言及した。中国当局による邦人拘束、沖縄県尖閣諸島を含めた東シナ海への海洋進出を巡り中国側の前向きな対応を求めた。

両外相は日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)などによる東アジア地域包括的経済連携(RCEP)や日中韓自由貿易協定(FTA)など自由貿易の推進を巡っても意見交換した。

会談に先立ち、茂木氏と王氏が議長をつとめる「日中ハイレベル人的・文化交流対話(人文対話)」の初会合を都内で開いた。20年を「日中文化スポーツ交流推進年」と位置づけることで合意した。20年の東京五輪・パラリンピックや、22年の北京五輪で成功を収めるため人的交流を進める。観光分野での協力推進やメディア関係者の往来の拡大でも一致した。人文対話を原則年1回、日中両国で交互に開催することも決めた。

外相会談に先立ち、安倍晋三首相も王氏と首相官邸で会談した。首相は習主席の来日に関し「日中新時代にふさわしい有意義なものとなるよう協力を進めたい」と述べた。王氏は「中日関係は正常な発展軌道に戻った」と応じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン