日経商品指数17種

(1970年平均=100)
4月6日 132.110 +0.623

[PR]

商品ニュース

コーヒー豆が1年ぶり高値 ブラジル生産の下方修正で

2019/11/25 18:02
保存
共有
印刷
その他

コーヒーの国際価格が上昇している。指標となるアラビカ種のニューヨーク先物(期近)は1ポンド114セント前後と約1年ぶりの高値水準で、10月中旬の直近安値に比べて2割強高い。最大生産国ブラジルの2019~20年度の生産量予想が品質低下を背景に引き下げられたことが背景だ。

米農務省が先週公表したブラジルのコーヒー報告書によると、19~20年度のコーヒー豆の生産量予想は5800万袋(1袋は60キログラム)と6月時点の予想(5930万袋)から2%減少した。

専門商社ワタル(東京・港)の小沢志朗顧問は、「コーヒー豆の品質があまり良くなく、小粒になっているようだ」と話す。19~20年度は生産量が減る「裏年」にあたり、生産量の増える「表年」の18~19年度より1割減少する見通しだ。

ただ、18~19年度が豊作でコーヒー豆在庫は潤沢なため不足感が強まるとの見方は少ない。「相場が大幅に上昇する可能性は低い」(マーケットエッジ=東京・中央=の小菅努代表)との指摘が出ている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム