不動産依存のドバイ、再び影 信用不安危機から10年
需要後退・外銀融資縮小 揺らぐ「脱石油」のモデル

2019/11/25 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの不動産開発を巡る信用不安が世界の金融市場を揺さぶった「ドバイ・ショック」から25日で10年となった。ドバイは同じUAEの産油国アブダビ首長国による支援で危機を克服し、成長軌道に戻った。だが、不動産依存が続くドバイの発展モデルに、再び世界経済の減速や原油安の影が差している。

ドバイ・ショックが起きたのは、リーマン・ショックによる国際金融危機の余…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]