ノバルティス、米医薬品を1兆円で買収

ヨーロッパ
北米
2019/11/25 17:38
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=佐竹実】スイスの製薬大手ノバルティスは24日、米国のバイオ医薬品メディシンズ・カンパニーを約97億ドル(約1兆500億円)で買収すると発表した。両社の取締役会が同日までに買収で合意した。ノバルティスは、メディシンズ社が開発するコレステロール降下剤の「インクリシラン」を入手することで業績拡大につなげる狙いがある。

買収は2020年3月までに完了する見通しだ。買収資金は手元にある現金と短期・長期の借入金でまかなうとしている。ノバルティスはかつて稼ぎ頭だった降圧剤「ディオバン」の特許が5年ほど前に切れ、新たな収入源となる新薬を探していた。

製薬大手は、主力薬の物質特許の期限が切れる「特許の崖(パテントクリフ)」に直面しており、これをどう乗り越えるかが課題だ。ノバルティスは大型買収によって新薬を手に入れる戦略を打ち出している。

ノバルティスのバサント・ナラシンハン最高経営責任者(CEO)は24日、「インクリシランにより、高コレステロール血症や心臓病の治療のあり方を変えることが期待される」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]