/

この記事は会員限定です

KAICO 蚕でたんぱく質生成、新薬開発目指す

Start@Q

[有料会員限定]

蚕を使った新薬研究で注目を集める企業がある。2018年4月に創業した九州大学発のスタートアップ、KAICO(カイコ、福岡市)だ。蚕の体内で生成した特殊なたんぱく質をもとに、研究試薬やワクチンを開発する。大和建太社長は「新薬開発の未来を切り開きたい」と意気込む。

研究室での大和氏はカーディガンにスニーカーと、社長というより研究者を思わせる。そんな大和氏が率いるカイコの技術は先駆的だ。遺伝子を書き換え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン