森林組合、県境またぐ連携促進 経営強化で輸出拡大

2019/11/26 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は森林所有者でつくる森林組合の広域再編を促す。販売部門など事業単位の譲渡や吸収分割といった手法を法改正で新たに認め、県域をまたぐような連携を進めてもらう。成長戦略の一環として国内林業の経営基盤を強化し、輸出の拡大などにつなげる狙いだ。

森林組合は森林の所有者の協同組合で、森林経営や鳥獣害防止などの保護活動にあたる。資金の貸し付けや木材の加工・販売などの事業も展開している。組合員が所有する森林…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]