チリ外相「自由貿易重視は不変」 デモ、通商に影響せず
TPP11批准、来年上半期目指す

中南米
2019/11/25 17:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

南米チリのリベラ外相は22日、都内で日本経済新聞の取材に応じた。格差是正を求めた抗議活動の長期化について、社会保障の改革などを通じ「危機をより良い国にする好機にしていく」と述べた。自由貿易協定(FTA)重視の方針に変更はないとの考えを示し、11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)については2020年上半期の国内批准を目指す意向を示した。

人口や国土の面積が限られるチリは、中南米で有数のF…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]