離婚の決め手はDNA 「計算された人生」は幸せか
データの世紀 理解者はキカイ(2)

データの世紀
第8部 理解者はキカイ
スタートアップ
ネット・IT
北米
2019/12/3 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「キカイ」があなたのことをあなた以上に知り、生産性の向上や人生相談にまで一役買う時代になってきた

「キカイ」があなたのことをあなた以上に知り、生産性の向上や人生相談にまで一役買う時代になってきた

横浜市の板東洋介さん(仮名、42)は毎週末、普段は元妻と暮らす息子(9)と公園で遊ぶ時間を心待ちにする。離婚から2年がたち、元妻と会っても会話はほとんどない。「離婚はDNAデータが決め手だった。後悔はしていない」と話す。

結婚は8年で冷え切ったが、息子もいて終止符を打つか当時は迷った。「判断材料がほしくて」遺伝子検査の相性判定サービスに頼ると、相性スコアは「48%」。「(この遺伝子パターンでは)長続きするカップルは少数」と説明された。板東さんは「生物的に合わないならと吹っ切れた。妻も納得した」と振り返る。

【関連記事】 あなたの活躍、8割的中 AI上司は知っている

離婚した夫婦の遺伝子相性診断書=一部画像処理しています

離婚した夫婦の遺伝子相性診断書=一部画像処理しています

サービスを提供した結婚相談所の社長、伊達蝶江子氏は「相性判定にはスイス企業の技術を使う。遺伝子データを参考にする人は結婚や離婚の決断が速い」という。遺伝や心理学の複数の専門家からは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]