/

この記事は会員限定です

離婚の決め手はDNA 「計算された人生」は幸せか

データの世紀 理解者はキカイ(2)

[有料会員限定]

横浜市の板東洋介さん(仮名、42)は毎週末、普段は元妻と暮らす息子(9)と公園で遊ぶ時間を心待ちにする。離婚から2年がたち、元妻と会っても会話はほとんどない。「離婚はDNAデータが決め手だった。後悔はしていない」と話す。

結婚は8年で冷え切ったが、息子もいて終止符を打つか当時は迷った。「判断材料がほしくて」遺伝子検査の相性判定サービスに頼ると、相性スコアは「48%」。「(この遺伝子パターンでは)長続きするカップルは少数」と説明された。板東さんは「生物的に合わないならと吹っ切れた。妻も納得した」と振り返る。

サービスを提供した結婚相談所の社長、伊達蝶江子氏は「相性判定にはスイス企業の技術を使う。遺伝子データを参考にする人は結婚や離...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

データの世紀

データ資源は21世紀の「新たな石油」といわれる。企業や国の競争力を高め、世界の経済成長の原動力となる。一方、膨大なデータを独占するIT(情報技術)企業への富と力の集中や、人工知能(AI)のデータ分析が人の行動を支配するリスクなど人類が初めて直面する問題も生んだ。
連載企画「データの世紀」とネット社会を巡る一連の調査報道は、大きな可能性と課題をともにはらむデータエコノミーの最前線を追いかけている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン