マツダ、「スカイアクティブX」搭載車を12月5日発売

2019/11/25 15:40
保存
共有
印刷
その他

マツダは25日、燃費を改善して走行性能も高めた新型エンジン「スカイアクティブX」を搭載した小型車「マツダ3」を12月5日から全国の販売店で発売すると発表した。ガソリンエンジンの伸びの良さとディーゼルの熱効率の高さを併せ持ち、低速、高速のどちらでも力強く走る。従来計画では10月の販売を予定していたが、仕様の変更で販売を延期していた。

マツダは新エンジン「スカイアクティブX」を搭載した小型車「マツダ3」の発売を12月5日に開始する

スカイアクティブXは「圧縮着火」と呼ばれる特殊な方法でガソリンを着火する構造で、少ない燃料で効率的に燃焼する。ハイオクガソリンの使用を推奨するが、レギュラーガソリンでも使用は可能だ。「スカイアクティブX」を搭載した車両価格は319万8148~368万8463円。

同エンジンはすでに欧州では先行販売している。国内では12月のマツダ3に続き、1月以降新型多目的スポーツ車(SUV)「CX-30」にも搭載して発売する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]