/

福岡県 保育園周辺にガードレール、12月補正

福岡県は25日、一般会計で16億7700万円の12月補正予算案を発表した。5月に滋賀県大津市で保育園児が軽自動車にはねられた死亡事故を受け、保育所の周辺にガードレールや路面表示を設置する費用として1億7600万円を計上した。

また豚コレラ(CSF)の防疫対策強化に4300万円、豪雨時の浸水対策で排水ポンプ車の導入に5700万円を盛り込んだ。補正後の2019年度一般会計総額は1兆7933億5400万円になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン