引っ越しと不用品売却セットに、楽天が新サービス

2019/11/25 12:32
保存
共有
印刷
その他

楽天と引っ越し見積もりサイト運営のグライド(東京・新宿)など3社は25日、引っ越しと不用品の出品を同時に申し込める新サービスを始めたと発表した。宅配収納サービスのトランク(東京・渋谷)の専用段ボールに不用品を詰め、トランクに返送するだけで、楽天のフリーマーケットアプリに出品できる。不用品が顕在化しやすい引っ越し時の需要を見込む。

専用段ボールに詰めるだけで、フリマに出品できる(25日、東京・千代田)

新サービス名は「フリマ引越」で、同日から単身世帯を中心にサービスを始めた。スマートフォンなどでグライドのサイトから引っ越し作業を申し込むと、同時に楽天のフリマアプリ「ラクマ」での不用品の出品代行も依頼できる。利用者はトランクが届ける専用の段ボールに不用品を入れて返送すると、トランクが商品の撮影、出品手続きなどを代行する。

出品商品が売れた場合、購入者への代行送料(一律880円)と、売上高から送料を除いた金額の3割が手数料としてかかる。

経済産業省によると、2018年のフリマアプリ市場は約6400億円で、17年比で3割伸びた。ただ引っ越し時は忙しい人が多く、梱包や発送、取引のやりとりが手間になる。3社は「家で眠る不用品が見つかる引っ越し時こそ、フリマ出品の需要は大きい」とみる。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]