/

この記事は会員限定です

[FT]ローマ教皇、長崎のミサで核廃絶を訴え

[有料会員限定]
Financial Times

ローマ教皇(法王)フランシスコは被爆地の長崎を訪れ、核兵器のない世界の実現を呼びかけた。長崎は16世紀、幕府のキリスト教弾圧で多数の信徒が処刑された地でもある。

教皇フランシスコは教皇として約40年ぶりとなった今回の訪日は強力な政治的メッセージを帯びている。北朝鮮との非核化交渉の行き詰まりや米国による中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄に焦点を当てた。こうした事態により、アジアで軍拡競争が起きる恐...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン