[FT]ローマ教皇、長崎のミサで核廃絶を訴え

2019/11/25 12:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ローマ教皇(法王)フランシスコは被爆地の長崎を訪れ、核兵器のない世界の実現を呼びかけた。長崎は16世紀、幕府のキリスト教弾圧で多数の信徒が処刑された地でもある。

教皇フランシスコは教皇として約40年ぶりとなった今回の訪日は強力な政治的メッセージを帯びている。北朝鮮との非核化交渉の行き詰まりや米国による中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄に焦点を当てた。こうした事態により、アジアで軍拡競争が起きる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]