/

この記事は会員限定です

カンボジア「ドル経済圏」が呼び込む中国マネー

アジア総局長 高橋徹

[有料会員限定]

唐突な質問だが、世界経済の成長のエンジン役と目される東南アジア諸国連合(ASEAN)で、足元の成長率が最も高い国はどこだろうか。

米中貿易戦争下で、中国からの生産移転先として脚光を浴びるベトナムを思い浮かべる人が多いかもしれない。正解はお隣のカンボジアだ。国際通貨基金(IMF)が10月半ばに公表した最新の世界経済見通しで、2019年の国内総生産(GDP)伸び率予測は7%。ASEANの中でも後発国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Asia Analysis

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン