カンボジア「ドル経済圏」が呼び込む中国マネー
アジア総局長 高橋徹

Asia Analysis
コラム(国際)
東南アジア
2019/11/25 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

唐突な質問だが、世界経済の成長のエンジン役と目される東南アジア諸国連合(ASEAN)で、足元の成長率が最も高い国はどこだろうか。

米中貿易戦争下で、中国からの生産移転先として脚光を浴びるベトナムを思い浮かべる人が多いかもしれない。正解はお隣のカンボジアだ。国際通貨基金(IMF)が10月半ばに公表した最新の世界経済見通しで、2019年の国内総生産(GDP)伸び率予測は7%。ASEANの中でも後発国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]