/

中国スパイ、擁立画策か 豪、3月に遺体で発見

【ブカ(パプアニューギニア)=共同】オーストラリアのメディアグループ「ナイン」傘下のテレビ局は24日夜、中国のスパイグループがオーストラリアの政治に干渉する狙いで、5月のオーストラリア連邦議会選に、与党自由党党員の中国系男性(32)を南東部メルボルン郊外の選挙区から立候補させようとしていたと報じた。

男性は高級車のディーラー。選挙前の3月に遺体で見つかり、死因は分かっていない。

オーストラリアの治安情報局「ASIO」のバージェス長官は報道直後、声明で「報じられた内容にはASIOが深刻に受け止めている疑惑が含まれている」として捜査中だと明らかにした。情報機関トップがこうしたコメントを出すのは異例。

報道によると、スパイグループは選挙資金に100万オーストラリアドル(約7400万円)を提供したとしている。男性はASIOがこの件を把握した後の3月、ホテルで死亡しているのが見つかった。

バージェス氏は「個別の問題にはコメントしない」としたが「敵対的な外国の情報活動は、われわれの国と安全保障に真の脅威をもたらし続けている」と表明した。

オーストラリアでは23日、複数のメディアが、香港や台湾で中国のスパイ活動に従事した別の男性が、中国による他国への政治干渉に関する詳細な情報をオーストラリアの情報機関に提供し同国への亡命を希望していると報じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン