スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬、有終の美 4場所ぶり賜杯に「最高」

2019/11/24 22:00
保存
共有
印刷
その他

14日目に優勝を決めた白鵬が今年最後の一番で貴景勝を下し、有終の美を飾った。

【関連記事】V43白鵬は14勝1敗、朝乃山が初の最多勝

白鵬(左)は貴景勝を寄り切りで下し14勝1敗=共同

白鵬(左)は貴景勝を寄り切りで下し14勝1敗=共同

左で張って相手の出足を止めると、あっさり右四つ。簡単に勝負を決められたはずだが、じっくり構えて動かない。今場所唯一の横綱―大関戦を少しでも長く楽しんでもらおうとするかのように1分あまり。頃合いをみて寄り切った。

34歳になった今年、右上腕や右手指など相次ぐ故障で休場が続いた。昨年全休の九州で4場所ぶりの賜杯を受け取り「ケガに泣いて、こういう場にはもう立てないんじゃないかと思った。最高ですね」と笑った。再起へのモチベーションは「もう一度若手の壁になってやろうという思いだった」という。今年皆勤した3場所は41勝4敗。唯一の複数回優勝と第一人者の地位は守った。

この日、自らスカウトした弟弟子の炎鵬が勝ち越しを決めた。その相手が2日目に金星を配給した大栄翔だったことを振られると「私も炎鵬に負けたということですね」と軽妙な切り返し。来場所は上位挑戦となる25歳に向け「楽しみですね。当たらなくてよかった」とユーモア交じりにエールを送った。

(吉野浩一郎)

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

貴景勝(左)が突き落としで御嶽海を破る(17日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所6日目(17日・両国国技館)大関貴景勝は御嶽海を突き落として1敗を維持した。かど番の大関豪栄道は玉鷲を押し出して2勝目。全勝を守ったのは平幕の正代ただ一人となった。
 新関脇朝乃山は妙義龍 …続き (17日 19:12)

(東) (西)
栃煌13―5魁聖
東龍X―X錦木
照強0―0霧馬
徳勝0―1琴恵
琴奨10―7勢 
志摩1―1千丸
剣翔0―2石浦
千大3―2豊山
隆勝1―2輝 
碧山4―5佐海
松鳳1―2竜電
宝富7―10栃心
明生4―1阿 …続き (17日 18:08)

(勝)       (負)
栃煌山 上手投げ  霧馬山
 勢  押し倒し  木崎海
徳勝龍 引き落とし 照 強
東 龍 上手出投げ 琴奨菊
魁 聖 押し出し  琴恵光
志摩海 寄り倒し  剣 翔
千代丸 突き出し  …続き (17日 18:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]