/

この記事は会員限定です

キャッシュレスが薄める「痛税感」 過剰な節約緩和へ

エコノフォーカス

[有料会員限定]

政府のポイント還元制度を追い風に急増するキャッシュレス決済。決済データを新たな商品やサービスの販促に活用するといった効果が見込めるほか、消費者の負担感は現金より薄まるという研究結果もある。増税や原材料費の上昇に伴う値上げが消費を萎縮させかねないなかで、キャッシュレス化が家計の生活防衛的な意識を和らげるのに一役買う可能性がある。(川手伊織)

プロバスケットボールの試合のチケットをオークションで買う際...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1264文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン