財務省、3年ぶりの40年債増発を検討へ 需要根強く

2019/11/24 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は2020年度の国債発行計画で、最長年限である40年債を3年ぶりに増やすかどうかの検討に入る。超低金利が続き、市場では満期10年以下の国債利回りがマイナス圏にある。運用難に陥った金融機関の間では、少しでも収益を稼げる債券を求める声が多い。年限が長いほど金利は上乗せされやすいだけに、超長期債を増発するかどうかが焦点となる。

財務省は25日、国債市場特別参加者(プライマリーディーラー=PD)会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]