/

この記事は会員限定です

教皇、核廃絶力強く 被爆者ら「平和語る勇気くれた」

(更新) [有料会員限定]

「核兵器のない世界は可能で必要だ」。ローマ教皇(法王)フランシスコが24日、教皇として38年ぶりに被爆地の長崎を訪れ、世界に向けて核廃絶への思いを語りかけた。被爆者や信徒からは「パパ様(教皇)が被爆地から平和を発信し続ける勇気をくれた」と喜びの声が上がった。核問題解決の糸口が見いだせない中、被爆地は恒久平和と不戦を誓う祈りに包まれた。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1060文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン