/

自民・甘利氏「女系天皇も最終選択肢で容認すべき」

自民党の甘利明税制調査会長は24日のテレビ番組で、安定的な皇位継承のあり方について「男系を中心に継承順位を付け、最終的な選択肢としては女系も容認すべきだと思う」と述べた。男系の女性天皇は前例があるが、父方が天皇の血筋を引かない女系天皇は例がない。党内には保守派を中心に男系を維持すべきだとの立場から女系天皇には否定的な意見が多い。

安倍晋三首相は「男系継承が古来、例外なく行われてきたことの重要性を踏まえ、慎重に検討したい」と述べている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン