勝負はこれから

フォローする

潮目変わるか、巨人のポスティング容認の意味
編集委員 篠山正幸

2019/11/26 3:00
保存
共有
印刷
その他

1998年、日米球界間の移籍の新たな「通路」として導入されたポスティング(入札)制度はフリーエージェント(FA)権を獲得する前の「旬」の選手のメジャー挑戦を可能にする一方、日本プロ野球の空洞化をもたらす、と懸念されてきた。導入以来、一度も制度を使っていなかった巨人による山口俊(32)のポスティング移籍容認は何を意味するのだろうか。

18日、山口の移籍を認めた経緯について、巨人・今村司球団社長はこ…

勝負はこれからをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
初のブルペンで投球練習する佐々木朗。右は吉井コーチ=共同共同

 「文献を見ると」「研究の結果によると」……。ロッテ・吉井理人投手コーチの話を聞いていると、野球の取材というより大学の講義を聴いている、と錯覚する瞬間がある。ゴールデンルーキー、佐々木朗希(岩手・大船 …続き (2/18)

1月21日に東京都内で行われた金田正一さんのお別れの会

 「我々、残された者が継承し、伝えていかなくてはならない」。1月21日に行われた400勝投手、金田正一さん(国鉄=現ヤクルト―巨人)のお別れの会の席に参列し、追悼の言葉を贈った巨人・原辰徳監督は、金田 …続き (2/4)

仲間の寄せ書きが入った高校時代のユニホームを励みにする佐々木朗(さいたま市の球団寮で)=共同共同

 「ハングリー精神」という言葉が、ほぼ死語になった今、プロ野球選手は何に駆り立てられて、つらい練習に耐えるのか。いい車に乗りたい、うまいものを食べたいという「昭和的」なやる気の源に取って代わるものはな …続き (1/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]