米5G開始半年、提供地域なお狭く

2019/11/23 22:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国で次世代の高速通信規格「5G」に対応した携帯通信向けサービスが始まって半年がたった。製造業や小売業に加え、治安維持や教育分野での活用に向け、開発が進みつつある。ただ現状は光回線の代替の使い道が中心だ。5Gサービスの提供地域が限定的で、技術的な課題も指摘されているためだ。

放射性物質や化学物質を検知するセンサーを街中に設置して5Gでつなぎ、テロの防止などに役立てる――。米IT企業のツー・シック…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]