/

この記事は会員限定です

「邪魔者扱い」に幻滅 有罪判決・元会計士の新人時代

会計評論家・細野祐二さん(2)

[有料会員限定]

企業決算の「勝手分析」で知られる会計評論家の細野祐二さん(65)。半生をたどる連載の2回目は大学で学んだ後、公認会計士になるまでだ。

◇   ◇   ◇

 1953年、三重県久居町(現・津市)に4人兄弟の末っ子として生まれた。ほかの兄弟がみな地元で就職するなかで、幼い頃から東京に憧れていた。

高3の時におやじが病死し、家計が苦しくなりました。でも、私はどうしても東京の大学に進みたかった。暗記ものが苦手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン