問題の根本はどこに? 幸田真音

エッセー
2019/11/27 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

思えば約四半世紀、経済を軸にさまざまな小説を書いてきた。ひとえにこの国の問題について、「一緒に、本気で考えませんか?」という願いが根底にあるからだ。

財政問題をとりあげた『日本国債』のあと、年金制度について伝えたいと『代行返上』を上梓(じょうし)したのは2004年のこと。

ただ、年金問題のような題材を面白く読める小説にして、その実態と課題を伝えるにはかなりの工夫が要る。企業年金の分野に的を絞り、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]