/

楽天カード不具合、一部機能使えず スマホ決済は復旧

(更新)
メンテナンス中を知らせる楽天カードのアプリの画面(手前)とアクセスが停止したホームページ

楽天のクレジットカード「楽天カード」で23日、不具合が発生し、カードの一部機能が利用できなくなった。QRコードなどを使うスマートフォン決済「楽天ペイ」は一時サービスを停止したものの同日午後に復旧した。楽天カードのサーバーを置くデータセンターの障害が原因とみられる。同カードの利用者は1800万人に上る。

楽天カードは、サーバーを九州電力子会社のQTnet(福岡市)のデータセンターに置いている。QTnetによると、23日朝、電源設備の工事中に障害が発生し、顧客のサーバーが停止した。電源は復旧したが「システムの動作確認などは顧客ごとの対応になる」(同社)という。

楽天カードでは23日午前にクレジットカード決済が、午後3時前にスマホ決済が復旧した。ただカードの新規登録やキャッシング、ネット上での利用明細の確認などはできない状態で、復旧に向け、対応を急いでいる。

日本では決済全体におけるキャッシュレス比率は約2割で、欧米や韓国、中国に比べて低い。ただ、政府のキャッシュレス決済のポイント還元制度もあり、クレジットカードやスマホ決済は広がっている。不具合による生活への影響は大きくなっており、徹底した対策が求められる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン