イチロー フィールド

フォローする

引退…そして楽しむ野球へ イチロー、19年の言葉
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2019/11/25 3:00
保存
共有
印刷
その他

2019年3月21日、午後11時55分から始まり、日をまたいで、午前1時20分頃まで続いた引退記者会見。テレビで生中継もされたので、深夜とはいえ多くの人が見たようだが、おそらく、ああいった形でイチローの会見が表に出たのは、初めてではなかったか。それゆえ、イチローの忌憚(きたん)のない言葉、即妙な受け答え、論理思考、ユーモアに初めて触れた、という人もいたはず。あの日の再現が中心にはなるが、イチローの今年の言葉をたどってみた。

引退記者会見で話すマリナーズのイチロー(東京都内のホテル)=共同

引退記者会見で話すマリナーズのイチロー(東京都内のホテル)=共同

キャンプインは、日本で開幕戦が行われることから、いつもより早めの2月16日。前年は途中合流だったので、キャンプ初日を迎えたのは2年ぶりとなったが、"選手として"キャンプ初日を迎えたことに、特別な思いがにじんだ。

「イチロー選手と呼ばれるのは気持ちいいよねえ。会長付? 特別補佐? まあ、形だけとはいえ、距離があるんですよ、どうしてもね」

会長付特別補佐を経て異例の復帰。昨年5月3日に選手登録を外れてから、試合に出ることなく調整を重ねた。イチローにとっては大きな節目でもあった。

「ここにいる誰もそんなことは想像してないと思うけど、僕にとっては大きな記念日です。誰もやってきてないことに挑戦するということを僕はいくつか結果としても残してきたことではある。誰かがやったことがあることよりは、誰もやったことがないことの方に飛び込んでいくという選択になる。それは常々してきたつもりだし、今回もその一つ。ユニークだし特殊ではあるものの、その一つとして考えてます」

期待裏切りたい気持ち、いつもある

こんな決意も口にした。「いつも、期待を裏切りたいという気持ちはあります。安易な責任のない意見かな、そういうものを裏切りたいと思っています」。もう、さすがに無理ではないか。東京の開幕戦を終えたら、引退ではないか――。そうした声に、イチローはあらがった。

2月22日、アスレチックスとのオープン戦初戦。2打席目に2死満塁という場面で打席に入ると、詰まりながらも右前へ運び、2点タイムリーとした。久しぶりにベンチから見たフィールドの景色はどうだったのか?

「変わりないですね。緊張したけど。すごい緊張しました」

どんな種類の緊張なのか?

「最初に来たときとも違う。どれとも違う緊張感でしたね。緊張するのはいつものことだけど、こういう種類のものは初めて。当然、初めてのことだから、初めての緊張感。当然といえば、当然なんですけどね。でもこんな種類のものを味わうとはね。確かに思ってもみなかった。でも、この緊張感は今日だけだと思います。毎日、緊張すると思うけど、これは今日だけのものと思う。次はどうゲームの感覚を取り戻すか、というステップですね」。

メジャー19年目で初の感覚だった。

日本開幕戦の選手登録に関しては、ジェリー・デュポト・ゼネラルマネジャー(GM)が、半ば保証するような発言を繰り返していたが、その後は未定。オープン戦の結果に対する考え方は違ってくるかと問われて言った。

「そうだと思いますよ。そりゃあやっぱり、変わった立場がありますからね。当然だと思います」

キャンプは3月に入り、7日に初のナイター。キャンプ地の球場は総じて暗く、外野手は守りにくい。その日、左翼フェンス際の打球を好捕したが、その打球処理のやり取りの際、先発した菊池雄星が近くにいるのに気付き、笑いながらこう言った。「雄星、打たすなよ、あんなとこ」

菊池「すみません」

イチロー「おまえ、しばくぞ」

菊池「ナイスキャッチです!」

菊池はうれしそうだった。

さてその日、そろそろ調整は次の段階かと問われ、こう答えている。「真っすぐ待ちの変化球じゃなくて、変化球待ちの真っすぐ対応、というところに入っていく段階ですね」。いよいよ実戦的な形に入ってきたと思いきや、実際にはその数日後に、イチローは引退の決断をしている。

残した記録、小さなことにすぎない

引退会見。冒頭で引退を決意したタイミングを聞かれると言った。

「タイミングはですね、キャンプ終盤ですね。日本に戻ってくる何日前ですかねぇ。もともと日本で、東京ドームでプレーするところまでが、契約上の予定だったこともあったんですけども。キャンプ終盤でも結果が出せずに、それを覆すことができなかったということですね」

契約としては日本の開幕戦まで。しかし、キャンプで結果を残せば、その限りではなかった、ということか。

後悔はないのか。そう問われて、「あんなものを見せられたら、後悔などあろうはずがありません」とイチロー。試合後のカーテンコールの余韻をにじませつつ、続けた。

「結果を残すために、自分なりに重ねてきたこと――人よりも頑張ったということはとても言えないですけども。自分なりにやってきたということは、ハッキリと言えるので。これを重ねてきて、重ねることでしか後悔を生まないことはできないんではないかな、と思います」

3月21日のアスレチックスとの試合後、歓声に応えながら場内を一周するイチロー=共同

3月21日のアスレチックスとの試合後、歓声に応えながら場内を一周するイチロー=共同

なにより、最後のカーテンコールにいたる昨年からの経緯は、ある意味、イチローの野球観まで変えてしまった。

「いろいろな記録に立ち向かってきたんですけど、そういうものはたいしたことではないというか。自分にとって、それを目指してやってきたんですけど、いずれそれは僕ら後輩が、先輩たちの記録を抜いていくのは、しなくてはいけないことでもあるとは思うんですけども、そのことにそれほど大きな意味はないというか、今日の瞬間なんかを体験すると、随分、小さく見えてしまうんですよね」

「分かりやすい、10年(連続)200本を続けてきたこととか、MVPを取ったとかオールスターでどうたらっていうことは、もうほんと、小さなことにすぎないというふうに思います」

「去年の5月以降、ゲームに出られない状況にあって、その後もチームと練習を続けてきたわけですけど、それを最後まで成し遂げられなければ、今日のこの日はなかったと思うんですよね」

「今まで残してきた記録はいずれ誰かが抜いていくと思うんですけど、去年の5月からシーズン最後の日まで。あの日々は、ひょっとしたら誰にもできないことかもしれないというふうに、ささやかな誇りを生んだ日々だったんですね。そのことが、去年の話ですから近いというのもあるんですけど、どの記録よりも自分の中では、ほんの少しだけ、誇りを持てたことかなと思います」

ところで、日本開幕戦をたびたび「ギフト」と形容したイチロー。そこにはどんな思いがあったのか。

「去年、3月の頭になってマリナーズからオファーをいただいてから、今日までの流れがあるんですけど。あそこで終わってても全然おかしくないですからね。去年の春に終わっていても全くおかしくない状況でしたから。もう、今、この状況が信じられないです」

「あのとき考えていたのは、自分がオフの間、アメリカでプレーするために準備をする場所というのが、神戸の球場なんですけども。そこで寒い時期に練習するので、ヘコむんですよね。やっぱ心、折れるんですよ」

「そんなとき、いつも仲間に支えられてやってきたんですけど、でも最後は、今まで自分なりに訓練を重ねてきた神戸の球場でひっそりと終わるのかなぁって、あの当時、想像していたので。もう夢みたいですよ、こんなの。これも大きなギフトです。僕にとっては」

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

大リーグのコラム

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
引退記者会見で話すマリナーズのイチロー(東京都内のホテル)=共同共同

 2019年3月21日、午後11時55分から始まり、日をまたいで、午前1時20分頃まで続いた引退記者会見。テレビで生中継もされたので、深夜とはいえ多くの人が見たようだが、おそらく、ああいった形でイチロ …続き (2019/11/25)

イチローウイークエンドで配られたイチロー人形

 9月14日午後5時49分、ホームの白いユニホームをまとったイチローが一塁側のダグアウトから姿を見せると、球場全体が大きな歓声に包まれた。
 2分後、ダグアウトに控えていたチームメイトらが全員出てきて、 …続き (2019/9/16)

試合に備えた全体練習が始まる前、バットを手にゴードンと話すイチロー(右)

 ユニホームのパンツ、紺のアンダーシャツ姿のイチロー(マリナーズ会長付特別補佐)が、グローブを持ってフィールドに出てくるのは通常、午後1時半すぎ。客席には人ひとりおらず、売店の店員らがぽつりぽつりと姿 …続き (2019/8/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]