トランプ氏、香港法案署名に迷い 米中交渉頓挫を懸念

トランプ政権
香港デモ
中国・台湾
北米
2019/11/23 3:16
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領は中国の習近平国家主席との個人的関係を重視している=AP

トランプ米大統領は中国の習近平国家主席との個人的関係を重視している=AP

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は22日、FOXニュースのインタビューで、香港での人権尊重などを支援する「香港人権・民主主義法案」に署名すべきか苦悩する胸の内を打ち明けた。香港の人権尊重は重要としつつも、署名すれば「友人」である中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が強い不満を抱き、米中貿易交渉が頓挫しかねないと懸念する。

トランプ氏は「我々は香港を支持する必要がある」と指摘した上で「習氏は私の友人だ。すばらしい人物だ」と強調。香港の人権尊重と習氏との個人的関係を「両立させたい」と語った。中国政府は香港法案に関して内政干渉だと断じ、痛烈に批判している。法案が成立すれば米中首脳の関係が傷つくのは確実だ。

さらにトランプ氏は「米中は史上最大の貿易合意に向けた交渉過程にある。もし合意できればそれはすばらしい」と話した。香港法案の署名で米中関係が悪化すれば、貿易交渉にも悪影響を及ぼしうるとの認識をにじませたものだ。米中は農業や金融分野など「第1段階の合意」を目指している。

米議会上下両院は香港法案を可決し、トランプ氏が署名すれば成立する。トランプ氏は人権問題への関心が薄いとされ、経済面でメリットの大きい貿易交渉を優先するとの見方が出ていた。仮にトランプ氏が拒否権を発動して法案成立を拒めば議会が猛反発する公算が大きい。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]