GSOMIA 日韓防衛協力の根幹

2019/11/22 22:46
保存
共有
印刷
その他

▼軍事情報包括保護協定(GSOMIA) 安全保障に関する情報を共有・保護するための協定。防衛当局が持つ映像や文書、技術を「秘密軍事情報」と定義し交換している。情報の取扱者を限定し、許可なく第三国に提供することも禁じている。日本は米国、インドとも同様の協定を結んでいる。

韓国とは2016年11月に締結した。1年ごとに自動更新される仕組みで、破棄する場合は更新期限の90日前までに相手国へ通知する義務がある。

日韓間では北朝鮮の弾道ミサイルに関するレーダー情報や発射準備情報を融通してきた。締結前は日米韓防衛当局の情報交換に関する14年の取り決め(TISA)に基づき、米国を介して共有していた。締結後は2国間で直接やりとりできる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]