スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

松山、1番でまさかの「9」も首位と4打差

2019/11/22 22:15
保存
共有
印刷
その他

75と4打落とした松山。とんだ災厄に見舞われた1番(パー4)の「9」が全てといえよう。朝から雨。ショットが右へと滑りやすい難コンディションで、松山のドライバーショットは右の林に飛び込んだ。

第2日、1番で第3打を放つ松山。通算1アンダーで13位=共同

第2日、1番で第3打を放つ松山。通算1アンダーで13位=共同

隙間を抜こうと狙った第2打は前方の木にぶつかって右にはね、「ペナルティーエリア」内の側溝に転がり込んだ。1罰打を払ってドロップした第4打は、再び木に当たって側溝へ。第6打も枝に触れ、左ラフへと脱出したものの、結局7オン2パット。1ホールで5オーバーは、国内ツアーでは自己ワーストの大たたきだ。初日(66)の貯金を一気に吐き出した。

「ティーショット以外は最善を尽くしたけれど、結果がああなった。3回も連続で木に当たるとは」と松山。「その後も思うようにいかなかった」。出入りの激しいゴルフで、一時は通算1オーバーまで崩した。それでも16、18番でバーディーを奪い、苦難の一日を何とか同1アンダーで終えた。

「最後に2つとれて、あすにつながると思う」。上位陣も伸び悩み、首位とは4打差。残り2日で、逆転は十分可能だ。「ちょっとラッキー。あすいいプレーをして、近づけたら」。5年ぶりの大会制覇、2017年8月のブリヂストン招待(米国)以来の優勝をあきらめるわけにはいかない。(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

 男子ゴルフの米国選抜と、欧州を除く世界選抜の団体対抗戦、プレジデンツ・カップ第1日は12日、メルボルンのロイヤルメルボルンGCで行われ、松山英樹は潘政●(たまへんに宗)(台湾)と組み、2人一組で良い …続き (12日 16:03)

 女子ゴルフの9日付世界ランキングが発表され、日本勢の順位は変わらず、畑岡奈紗が日本勢トップの5位、渋野日向子が12位、鈴木愛が17位だった。
 1位は高真栄、2位は朴城炫(ともに韓国)、3位はネリー・ …続き (10日 8:25)

2年連続の賞金王に輝いた今平=共同

 男子ゴルフの国内最終戦、日本シリーズJTカップは石川遼が今季ツアー最多の3勝目を挙げて8日閉幕した。首位と1打差の3位で終えた今平周吾が2年連続の賞金王。27歳2カ月での複数回の戴冠は尾崎将司の27 …続き (9日 18:00)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]