日本生命、スマホで給付金請求

2019/11/22 21:55
保存
共有
印刷
その他

日本生命保険は22日、手術や入院をした時に契約者が医療保険の給付金を請求する手続きをデジタル化すると発表した。2020年3月からスマートフォンやパソコンで手続きを完結できるようにする。従来は保険会社に連絡して請求書類を取り寄せ、病院から受け取った領収書とともに郵送する必要があった。契約者の利便性を高める。

20年12月からは営業職員のタブレット端末からも給付金の請求手続きができるようにする。デジタル化の対象となるのは、給付金請求の4割となる見通し。デジタル化で給付金支払いまでの日数が従来より5~7日程度短くなり、紙使用量や郵便料金など年間約1億5000万円のコストを削減できるという。

スマホでの給付金請求は第一生命保険や明治安田生命保険も取り組みを進めている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]