ラガルドECB総裁「成長へ投資を」 財政拡大を要請
就任後、初の講演で

2019/11/22 21:20
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=石川潤】欧州中央銀行(ECB)のラガルド新総裁は22日、フランクフルトで講演し、世界経済の先行き不透明感が強まるなか「未来への投資」を拡大するように呼びかけた。「カギになるのはユーロ圏の財政政策」だとし、貿易の伸びの鈍化やデジタル化に対応するために各国やユーロ圏全体での財政拡大の必要性を強調した。金融緩和を粘り強く続けると約束した。

初の本格的な講演に臨むラガルドECB総裁=ロイター

「ほかの政策が成長を後押ししてくれれば、より早く、より少ない副作用で金融政策は目標に到達できる」。11月1日に就任したラガルド氏は初めてとなる本格的な講演で、ドラギ前総裁と同様に財政政策の役割が重要との考えを示した。

「我々は不確実な世界情勢に直面している」というのがラガルド氏の現状認識だ。貿易摩擦だけでなく、技術革新などによる構造変化も進んでおり「これまでのような貿易の高い伸びはもはや絶対に確実なものではない」と話した。

難局を乗り切るためには輸出一辺倒ではなく、欧州が自らの力で成長できるように経済構造を変えていかなければならない。ラガルド氏はこのために「新しい欧州のポリシーミックス(政策の組み合わせ)」を提唱した。

ECBの金融政策では、金融緩和を今後も継続し「内需の主な推進力」としての役割を果たし続ける。そのうえで、足元の需要増と将来の供給増につながる投資が「特に重要」だと指摘。金融危機前の水準以下にとどまっているユーロ圏の公共投資を引き上げていくように訴えた。

ラガルド氏が財政拡大を求めるのは、政策金利(中銀預金金利)がすでにマイナス0.5%まで下がるなど、金融政策が限界に近づいているためだ。財政に余力があるドイツなどが自ら景気の下支えに動かなければ、ユーロ圏が低成長・低インフレの状況から抜け出すのは難しいとの認識が背景にある。

ドラギ前総裁もドイツなどに財政拡大を繰り返し求めてきたが、ドイツのメルケル政権は財政黒字を重視する立場を変えなかった。ラガルド氏の講演は、ドイツのような輸出主導型経済の限界を指摘し、構造変化への対応を促したものともいえる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]