JR東海の上野氏 新幹線を小型軽量化 初代0系以降の「集大成」

中部
2019/11/22 19:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東海道新幹線で2020年7月、JR東海の新型車両「N700S」が登場する。開発を担当したのは、新幹線鉄道事業本部の副本部長、上野雅之(63)だ。

「あらゆる面で最高の性能を備えた。JR東海が進めてきた技術開発の成果だ」。10月30日、上野はN700Sの報道公開を終え、こう強調した。新型はあらゆる編成に対応できる「標準車両」が特徴だ。輸出も念頭に、基本設計を変えることなく8両編成や12両編成に変え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]