首里城デザイン機で再建支援 JAL系の沖縄航空2社

サービス・食品
九州・沖縄
2019/11/22 19:28
保存
共有
印刷
その他

JTAの首里城特別デザイン機に記された希望の文字の書体には、「ひやみかち精神(七転び八起き)」で力強く立ち向かうという思いが込められている

JTAの首里城特別デザイン機に記された希望の文字の書体には、「ひやみかち精神(七転び八起き)」で力強く立ち向かうという思いが込められている

日本航空(JAL)グループの日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市)と琉球エアーコミューター(RAC、那覇市)は22日、首里城のデザインを施した航空機を2020年1月末から就航させると発表した。焼失した首里城の再建に向け機運を盛り上げる狙い。

デザインを施すのは、JTAが米ボーイングの小型旅客機「737-800」(座席数165)1機、RACがプロペラ機の「DHC-8―Q400CC」(座席数50席)1機。「希望」の文字と首里城が描かれたデカールを機体側面に施す。

焼失した首里城をめぐり、JALは寄付金による支援や収益の一部が首里城再建の寄付にあてられる応援ツアーの販売など、グループ全体で様々な支援策を打ち出している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]