土壇場の転換 韓国、アメリカの圧力無視できず

日韓対立
政治
朝鮮半島
2019/11/22 22:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)は23日午前0時の失効を回避した。韓国は日本側が韓国向け輸出管理を厳格化したことを理由に、8月に協定破棄を通告した。米国が韓国に協定維持を強く迫ったほか、輸出管理措置が緩和される可能性があるとして土壇場で方針を転換した。日米韓の安全保障協力の「象徴」はひとまず維持された。

文在寅(ムン・ジェイン)政権の判断に影響を与えた最大の要因は米国の圧力だ。韓国が8月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]