/

この記事は会員限定です

福井県、県民の信頼回復が急務 杉本体制 最初の難関

[有料会員限定]

関西電力の役員に巨額な金品を渡していた福井県高浜町の元助役から県職員109人も金品を受領していた問題に関連し、県は県民の信頼回復の早急な実現を求められている。今後、40年超運転の認可など県が判断を迫られている原子力関連の案件が相次ぐからだ。県民が信頼できる体制が築けるか、今年4月に就任した杉本達治知事にとって、最初の難関となる。

職員に対する調査は藤井健夫弁護士を委員長とする調査委員会が実施した。元助役は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り950文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン