浅草花やしき、園内電飾で出会い演出

2019/11/22 18:55
保存
共有
印刷
その他

園内イルミネーションイベントに付加価値をつける

園内イルミネーションイベントに付加価値をつける

東京・浅草で遊園地を経営する花やしき(東京・台東)は12月8日から園内電飾イベントで出会いを演出する。入園時に「恋人づくり」や「友だちづくり」、「そっとしておいて」といった目的に合わせた光るブレスレットを着け交流の目安にしてもらう。出会った人と一緒にできるゲームも用意する。

12月30日までの13日間、イルミネーションイベント「あえるかも、ルミヤシキ」を開く。来園目的に合わせて5種類の光るブレスレットを配る。同じ目的の来園者同士で話すきっかけづくりを狙う。2枚で一組のカードも配り、絵合わせができると2人で話すテーマや園内のどのアトラクションに行くかのミッションを与える仕掛けも用意した。

入園料は2500円で稼働する6種類のアトラクションも乗り放題になる。同社は電飾イベントを毎冬開いてきたが、都内各地で無料で観賞できる街のイルミネーションが増え、集客が伸び悩んでいた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]