/

この記事は会員限定です

改正外為法成立、安保と投資のバランスは 専門家に聞く

[有料会員限定]

原子力やIT(情報技術)など安全保障上、重要な日本企業への出資規制を強化する改正外為法が22日、成立した。欧米では重要事項や機密情報の流出を防ぐ狙いで、投資規制を強化する動きが先行しているのをにらんだ動きだ。ただ手続きが煩雑になり、海外の投資マネーを遠ざける可能性があるのではないかとの懸念も根強い。専門家に評価を聞いた。

通商規制に詳しい西理広弁護士

「これまでの外為法の規制が緩すぎたという観点もある。米国をはじめとする各国が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1298文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン