女性役員、登用の遅れは日本にリスク

2019/11/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の女性活躍推進は先進国でも周回遅れといわれている。中でも役員への女性登用は思うように進まない。経営の方向性を担う取締役会も、多様な人材構成が重要だ。女性役員を巡る世界の趨勢と日本の課題を2人の識者に聞いた。

青山学院大学名誉教授 北川 哲雄さん

――日本でも女性役員比率がようやく伸びてきた。

「経営層の意識がずいぶん変わった。ダークスーツの男性が居並ぶ取締役会の風景に違和感を持つようになった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]