最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,410.19 -20.51
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,450 +10

[PR]

業績ニュース

豊田合成の20年3月、一転減収減益に 子会社株譲渡で

自動車・機械
中部
2019/11/22 20:00
保存
共有
印刷
その他

豊田合成は22日、2020年3月期の連結純利益が前期比49%減の120億円になりそうだと発表した。7%増の250億円だった従来予想から一転、減益となる。合理化の一環で、ドイツ子会社を株式譲渡し追加費用が生じるため。

売上高は50億円引き下げ、ほぼ前期並みの8400億円を見込んでいる。

ドイツ子会社で自動車用のゴム製窓枠部品(ウェザストリップ)を生産する「豊田合成メテオール」(TGM)の全株式を、同国の事業ファンド傘下の企業「AEQPH」にすべて譲渡する。

株式譲渡は12月末までに完了する予定。債務解消に関わる費用などで、210億円を事業整理損失として計上する。株式売却額は非公開。

豊田合成は14年、ドイツの自動車用ゴム部品生産のメテオールを子会社化した。ダイムラーやアウディなどドイツメーカーへの販売を目指したが、競争激化などで期待したほど収益が上がらなかった。

豊田合成はベルギーに欧州・アフリカ事業の統括拠点「豊田合成ヨーロッパ」を持つ。ドイツの他にイギリス、チェコ、南アフリカにウェザストリップなどの生産拠点を構える。19年3月期の欧州・アフリカ事業の売上高は459億円で、47億円の営業損失だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム