MaaSで住民の足守れ 交通弱者支援へ官民連携

2019/11/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄道やバス、タクシーなど多様な交通手段をIT(情報技術)で統合する次世代移動サービス「MaaS(マース)」が動き出した。人口減少や高齢化が進み、公共交通の衰退、自動車運転免許の返納などで交通弱者が増え続けている。「移動革命」は地域の救世主になれるか――。各地で試行錯誤が続いている。

「タクシーや自家用車といった既存の垣根にこだわっていては地域の足は崩壊する」。京都府舞鶴市とオムロン、タクシー大手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]