/

この記事は会員限定です

途上国の線引き 貿易力学に影響 デボラ・エルムス氏

アジア貿易センター エグゼクティブ・ディレクター

[有料会員限定]

韓国政府は10月、世界貿易機関(WTO)での発展途上国の地位を放棄することを決めた。多くの人は、なぜ今まで途上国だったのか不思議に思うかもしれないが、もっともなことだ。

韓国が自らを先進国と分類した直接の引き金は、米国のトランプ大統領が7月、米通商代表部(USTR)に途上国ルールの見直しを求めたことだった。トランプ氏の念頭にあったのは、中国やインドをはじめとする国々が途上国の地位を利用して補助金の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1587文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン