/

この記事は会員限定です

アリババ、26日香港上場へ 透ける中国政府の思惑

(更新) [有料会員限定]

中国の電子商取引(EC)大手のアリババ集団が26日、香港取引所に株式を公開する。2014年に上場済みのニューヨーク市場との重複上場となる。購入申し込みが公募額を大きく上回るなど好調さが伝わるが、香港の金融センターとしての地位を保ちたい中国側の思惑も透けて見える。

「需要超過のため、公募増資の受け付けを締め切ります」。19日午後、アリババ株上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン